« この前奈良に行きました。 | トップページ | 鴨川ホルモー感想 »

2009年5月 6日 (水)

高橋留美子展(京都駅)を見てきた。

よかった。
懐かしい友達にあった気分だ。
うる星やつらやめぞん一刻に思い入れのある人はいくべし。

特にうる星やつらの原画からは作者のキャラクターへの愛情がひしひしと伝わる。

最後のいろいろな作者が書いたラムちゃんの絵が面白かった。全く似せる気のない諸星大次郎とか北斗の拳の人とかシティハンターの人とかクロマティ高校の人の絵が面白かった。
ある一定の年代の漫画家に対するうる星やつらの影響は絶大のようだ。(漫研に入ったら全員がラムちゃんを空で書けるのにびびったとある作者がコメントしてた。)

あと入ったところにあるのサンデー50周年の記念動画であたるが携帯を持っていたのが新鮮。

ちなみに僕の好きな高橋留美子キャラは、あたる、面胴、ラン、こたつねこ、テン、チェリー、四谷さん、一ノ瀬さん、八宝齊、パンスト太郎など。

|

« この前奈良に行きました。 | トップページ | 鴨川ホルモー感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この前奈良に行きました。 | トップページ | 鴨川ホルモー感想 »